樹木散骨葬

弘法寺

青森県つがる市 西の高野山と言われています。

高野山真言宗西の高野山弘法寺は現存する七代目住職の位牌が600余年前のものです。一時洪水等の天災で寺が消失した時期があり、明治に入ってから再興されました。再興後,当寺は昭和30年頃まで津軽高野山九十九寺といわれておりましたが、和歌山県の高野山に対し、極楽浄土を表す西をもって西の高野山と呼ばれるようになりました。昭和に入り、弘法寺と改称されました。

 

モコの樹木葬は、青森県で初めての

「樹木散骨葬」になります。

周りにも沢山の樹木があり、

心安らかにお休み頂けます。

 

樹木散骨の為、何年経過したとしてもご遺灰が

移動される心配がありません。


弘法寺様では、毎年例大祭が行われ各地から参加者が大勢いらっしゃいます。

荒行がおこなわれ、大祭後半には参列者も「火渡りの行」に参加できます。

その他、「四国八十八ヶ所お砂踏み法会」なども行われます。

 

遺品整理と特殊清掃のトータルプロデュースモコ

本店            青森県青森市石江字江渡5-7

弘前事業所 青森県弘前市松木平字宮元110-4

八戸事業所 青森県八戸市尻内町字下毛合清水5-1

フリーダイヤル 0120-978-491 FAX  050-3737-5781